職員紹介

大城税理士事務所の職員です。
縁あって多くの経営者の皆さまとお会いすることができ、日々サポート業務を行っております。

業種や業態、組織、理念、社風…どれをとってもひとつとして同じ企業はありません。皆さまのニーズにきめ細かく寄り添ったお手伝いをしたいと考えています。

経営者の皆さまにとってよい相談相手として成長するよう職員一同努力してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

※採用情報はこちら

イメージ画像
事務所スタッフに、いろいろな質問をぶつけてみました!
Q. 普段はどのような業務を行っていますか?
A. 巡回監査や、記帳代行をしています。
Q. 巡回監査とはなんですか?
A. お客様のところに毎月訪問して、適切に会計処理ができているか、業績を把握できる状態の帳簿になっているか、税務的に問題となる処理がないか、等のチェックを行っています。そして完成した帳簿をもとに社長や経営幹部の方に業績の報告を行い、経営の方向性を検討したり資金繰りの手当てを検討したりと様々な意思決定に役立てて頂いています。その訪問時に、色々な相談を受けることも多いです。
 また、これまで税理士事務所と顧問契約をしたことのないお客様ですと、帳簿を作成する前段階の書類整理や保管のしかた、帳簿の入力の方法などが整備されていない場合もありますので、その場合は会社が自力で経理業務を行えるようなお手伝いをしています。
Q. 記帳代行とは?
A. お客様から依頼を受けて、お預りした資料をもとに帳簿の作成を行ったりしています。
経理担当のいないお客様から依頼をうけることが多いですね。
Q. 先ほどいろいろな相談を受けるという話がありましたが、例えばどのような相談なのですか?
A. 税や会計、経営に関することのほか、お金に関することはだいたい聞かれますし、システムについての対応などもあります。
 事業を進めるうえで融資が必要な場合には、お客様が頭の中で描いている今後の計画を、お話を伺いながら数字に落とし込んで具体的な形にするお手伝いもしています。特に平成24年には経営革新等支援機関として認定されましたので、今後もそのようなご支援に力をいれていくつもりです。
Q. 事務所の雰囲気はどうですか?
A. 仲良くやっています。
穏やかな雰囲気ですが、みんな真剣に業務に取り組んでいて、集中しやすい環境です。
また職員同士で、失敗したことやお客様に喜ばれたことなど様々な情報を交換してお互いが向上するように努めています。それぞれの職員が、自主的に考えて仕事を進めようという意識を持っているので、経験を共有しあって仕事に励んでいます。
ちなみに事務所の中は明るく開放的な感じです。
Q. この仕事でやりがいを感じるのはどのようなことですか?
A. お客様によろこんでもらえることです。
たとえば、何か相談を受けたことに対しアドバイスをすることでお客様の悩みを解決できたり、借入の相談であればお客様が考えていることを金融機関へうまく伝わるようにするお手伝いをしてそれが実現したときなど、喜んでもらえるのでやりがいを感じます。何でも相談してもらえるので、お客様から頼ってもらえていると実感できます。お客様の会社の成長に力を貸すことができた、携われた、という実感を感じることができ嬉しいです。
Q. お客様との距離が近いのですね。
A. そうですね。お客様が相談してくださるとき、お客様は安心を求めているように感じます。本来の税金や会計のことはもちろんのこと、たとえば店舗のインテリアなどちょっとしたことでも相談されたりします。
私たちは会社の外部の人間ではありますが、お客様にとって相談しやすい、近い位置にいられているのだなと感じます。たとえるならその会社の財務責任者のような気持ちかもしれません。
Q. では逆にどのようなことに厳しさを感じますか?
A. 一番は期限です。個人・法人の確定申告の期限は必ず守らなければならないですし、毎月の監査についても、翌月にはすべてのお客様のデータを確定させることを目指しています。どんなに忙しい時期でも言い訳ができないので、それは厳しいです。申告についてはお客様も納税額を早めに知って安心したいと思うので、業務も早めに進めるようにしています。
Q. 常に期限があるのですね。
A. そうです。またそれ以外では、税務会計以外のことも何でも相談してもらえるので、常にしらべものは絶えません。
いろいろな知識をもっていないといけないですし、毎年変わる税法にも常についていかないといけないので、勉強や情報収集が絶えません。
Q. ではこの仕事の楽しさはどんなところですか?
A. これは本当にいろいろあります。
ひとつは、色々な人と出会えることです。経営者の方もそうですし、経理担当、会社によっては従業員さんとも接することができます。またその中で、その業界の話などふつうは聞けない話がいろいろと聞けたりもするので勉強になります。
私たちには守秘義務がありますので、お客様もそれを信頼してお話してくださっていると感じます。そのためその点は職員一同とても気をつけています。
Q. いろいろな話が聞けるのは他の業種ではなかなか経験できないですね。ほかにもありますか?
A. お客様だけでなく、同業である他の税理士事務所の職員や、金融機関など関連する業種との交流などもあり、本当に様々な業界の方と関わることができます。弁護士や司法書士、社会保険労務士といった他の法律家の事務所と連携することもあります。
 また、やりがいとも重なりますが、社長と近い距離で自分がその会社の力になっていると感じられるのも楽しみのひとつです。数字を見るのが好きだったのでそれをもとに話ができて、それを経営に活かしてもらえ色々貢献できているのも嬉しいです。
Q. 今後の目標は?
A. いろいろなお客様に有益な情報を提供していけるようにしたいです。
お客様が使える情報を収集し、お客様にとって有益な情報をお客様が飽きないよう提供していきたいです。
また、自社での経理業務がうまくできていないお客様や、帳簿の作成が毎月継続して行えていないお客様などが、自立して業務ができるようになるような手助けもしていきたいですし、税金に関する知識や納付の指導・相談などの本来の業務も行っていきたいです。
多くのお客様の手助けをしていければと思います。